FOLLOW US

移籍検討? メッシがバルサ残留を悩んでいたと告白「昨季は辛かった」

バルセロナに所属するFWメッシ [写真]=Getty Images

 バルセロナ所属のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、今シーズンのクラブ残留を悩んでいたことを明かした。14日、イギリス紙『デイリースター』が報じている。

 昨シーズンのメッシは46試合に出場し、41得点を決めるという素晴らしい活躍を見せたが、総合的に見るとベストな状態ではなかったようだ。

 チェルシーマンチェスター・Cがメッシにオファーを出していると報じられていたが、メッシは現状に満足しているという。

「僕は幸せだ。今シーズンは昨シーズンと違う。昨シーズンは、けがやコンディションで悩んでいたから辛かった。だけど今シーズンは調子が良いんだ」

 昨シーズンのリーガ・エスパニョーラで、メッシは合計28点を決め、得点ランキング1位のレアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとは僅か3点差だった。

 一般的に見ると昨シーズンの活躍も素晴らしいが、本人は満足していなかった。

「昨シーズンはけがもあったし、出場できなかった試合もあった。ムラのある1年だった」

 しかし、今シーズンのメッシはすでに34得点を決めており、ベストな状態に戻った様子。メッシが移籍するという噂は後を絶たないが、引き続きバルセロナに所属する意向を示している。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA