FOLLOW US

今季終盤でバルサに懸念材料…リーガで1ヵ月半ゴールがないネイマール

18日のCLマンC戦に出場したネイマール [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 3月にレアル・マドリードから首位を奪還したバルセロナ。しかし、シーズンも終盤に突入した今、懸念材料が浮上している。スペイン紙『マルカ』が伝えた。

 バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマールは、今シーズンのリーガ・エスパニョーラ第29節終了時点で17ゴールを決めるなどストライカーとしての才能も開花させている。決定機をつくるチャンスメーカーとしてだけではなく、ストライカーとしても結果を残しているが、同選手は今、その才能にふさわしくない時期を過ごしている。

 というのも、ネイマールは2月15日に行われたリーガ第23節のレバンテ戦以来、ゴールがない。公式戦では3月4日に行われたコパ・デル・レイ準決勝セカンドレグのビジャレアル戦で奪った2ゴールが最後。ブラジル代表ではゴールを決めているが、リーグ戦では約1カ月半も得点を決めることができていない。

 また、チームメイトのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシはリーグ戦で32得点を記録しているものの、第28節レアル・マドリード戦、第29節セルタ戦と2試合続けて不発に終わった。

 一方、レアル・マドリード所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、5日に行われたリーガ第29節のグラナダ戦でキャリア初の1試合5ゴールを記録。同試合ではウェールズ代表MFガレス・ベイルが1ゴール、フランス代表FWカリム・ベンゼマも2ゴールを決める活躍を見せていた。

 ライバルが息を吹き返したこともあり、タイトル争いは激しさを増すであろうリーガ・エスパニョーラ。残り9試合となり、ネイマールとメッシの復調にバルセロニスタの期待が一層かかる。

 バルセロナは、8日に行われるリーグ戦第30節でアルメリアをホームに迎えて対戦する。

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA