2015.03.31

レアルのモドリッチ「もし、サッカー選手になっていなかったら…」

モドリッチ
モドリッチはキャリア最良の出来事に昨シーズンのCL制覇を挙げた [写真]=Getty Images

 現在、クロアチア代表に合流しているレアル・マドリードのMFルカ・モドリッチが、母国の子供達を前に普段の試合ではあまり見せることのないリラックスした表情を披露した。

 母国の少年少女のスポーツ振興を目的とする『Youth Sport Games』より、2014年のクロアチア最優秀スポーツ選手に選ばれたモドリッチ。現地30日に行われた授賞式に出席し、自身に投票してくれた子供達からの質問に丁寧に回答した。

 まず冒頭に「自分の心を正直に表す子供達に選んでもらったこの賞は特別だ」と感謝の意を表したモドリッチは、レアルで充実した時間を過ごしていることを説明した。

「僕はこれまで過ごしてきた全てのクラブに特別な思い入れがあり、どのクラブでも友人を作ってきた。そういった意味で、今現在最も楽しんでいるのはレアル・マドリードと言えるね」

 モドリッチはまた、プロになってからの最良の出来事として、2006年3月1日に行われたアルゼンチン代表との国際親善試合での代表デビューと、昨年5月24日に行われたチャンピオンズリーグ決勝でのアトレティコ・マドリードを下しての優勝を挙げた。

「これまでのキャリアで最も喜びを感じた瞬間は、クロアチア代表としてデビューした時と、レアル・マドリードでCLを制覇した時だ」

 一方、「この世界に進んでいなかったら、今頃何をしていたか?」との質問を受けたモドリッチは、意外なほど庶民的な職業に就いている自分を想像した。

「もしフットボール選手になっていなかったら、おそらくカフェでウェイターをしていたね。神の導きにより、僕はフットボールに人生を捧げるという決断を下すことができた」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る