2015.03.25

C・ロナのゴールパフォは挑発的?…リーグ会長「出場停止も検討」

C・ロナウド
バルセロナ戦で得点を挙げたC・ロナウド [写真]=Real Madrid via Getty Images

 レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの行ったゴールパフォーマンスが問題になっている。24日付のイギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えた。

 問題視されているのは22日に行われたリーガ・エスパニョーラ第28節のバルセロナ戦でのこと。0-1で迎えた31分にC・ロナウドは同点ゴールを決め、バルセロナ・ファンに対して落ち着くように促すパフォーマンスを披露した。

 これに対し、LFP(スペインプロリーグ機構)のハビエル・テバス会長は「我々は挑発的なゴールパフォーマンスや、観客の暴力性を煽るような行為に気をつけなければならない。最大1試合の出場停止処分をするべきだ。検討するよ」と語っている。

 レアル・マドリードは4月5日に行われるリーガ・エスパニョーラ第29節で、グラナダと対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る