FOLLOW US

途中出場のシャビ、42回目の“クラシコ”で最多出場選手の1人に

レアル戦に途中出場したMFシャビ [写真]=FC Barcelona via Getty Images

 22日に行われたリーガ・エスパニョーラ第28節で、バルセロナレアル・マドリードと対戦した。

 79分にスペイン代表MFアンドレス・イニエスタに代わって出場した、バルセロナの元スペイン代表MFシャビにとって42回目の“クラシコ”となった。シャビは、歴代で最も“クラシコ”をプレーした選手のひとりとなった。スペイン紙『アス』が伝えている。

 シャビは、レアル・マドリードで1950年代から1960年代にかけて活躍したフランシスコ・ヘント氏、1983年から2001年までレアル・マドリードに在籍したマヌエル・サンチス氏に並ぶ42回目の“クラシコ”を経験した。

 一方、レアル・マドリードの主将GKイケル・カシージャスは、22日の試合が37回目の出場。元スペイン代表FWラウール・ゴンザレスが持つ“クラシコ”出場記録に並んだ。

 シャビとカシージャスは、試合前の通路で抱擁する姿が地元メディアにクローズアップされている。スペイン代表の同僚であった2人だが、レアル・マドリードバルセロナの両キャプテンが親友として笑顔で抱擁。以前、ジョゼップ・グアルディオラ監督とジョゼ・モウリーニョ監督が指揮していた時期の両軍の間にあった緊張、テンションが今はもうないことを象徴するようなシーンだった。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO