2015.03.23

カンプ・ノウ今季最多の観客数…9万8760人がクラシコ観戦

カンプ・ノウ
クラシコが行われたカンプ・ノウ [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第28節が22日に開催され、バルセロナとレアル・マドリードによる伝統の一戦“クラシコ”が行われた。試合会場となったバルセロナのホームスタジアムであるカンプ・ノウには、今シーズン最多となる9万8760人が観戦に訪れている。バルセロナの公式HPが伝えた。

 カンプ・ノウで観客数が9万人を超えたのは今シーズン2度目。18日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグのマンチェスター・C戦には、9万2551人がスタジアムに駆けつけたが、今回のクラシコがそれを上回り、今シーズン最多の観客動員数を記録した。

 なお、試合はフランス代表DFジェレミー・マテューとウルグアイ代表FWルイス・スアレスのゴールにより、バルセロナが2-1で勝利している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る