FOLLOW US

クラシコを前に…レアルサポーターの悩みは高額なアウェーチケット

C・ロナウドのゴールを喜ぶレアルサポーター [写真]=Real Madrid via Getty Images

 22日、リーガ・エスパニョーラ第28節でバルセロナレアル・マドリードが対戦する“クラシコ”が開催されるが、レアル・マドリードのサポーターが、チケットの金額に悩まされているという。17日、スペイン紙『アス』が報じた。

 バルセロナのホームスタジアムであるカンプ・ノウでのアウェーチケットは500枚しか分配されておらず、レアル・マドリードのサポーターがそれを購入しようとすると約111ユーロ(約14000円)かかる。多くのサポーターは、ピッチから離れた視界がよくない席に111ユーロも払うことを『ばかばかしい』と考えているようだ。

 レアル・マドリードのホームスタジアムであるサンティアゴ・ベルナベウで行われた“クラシコ”では、バルセロナのサポーターが払ったチケット代は70ユーロ(約9000円)。このことを考慮すると、彼らの苛立ちは理解できる。

 レアル・マドリードのサポーターは、「ネイマールのためにバルセロナがいくら払ったか知らないが、我々が彼の移籍金と給料の一部を払っている気分になるよ」と皮肉交じりのコメントを残している。ちなみに昨シーズン、カンプ・ノウのアウェーチケットの値段は99ユーロ(約12700円)だった。

 それでも500枚のチケットは即座に売り切れている。22日にカンプ・ノウで行われる一戦が、リーグタイトルの行方を占う重要な試合であると考えているサポーターは、チケットの値段が高騰していても購入せざるを得ないようだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO