2015.03.17

バルサ前監督が苦労を告白「ローテーションが悪魔に変貌する」

マルティーノ
マルティーノ監督はバルサ時代に選手の起用法に苦労したことを明かした [写真]=Getty Images

 アルゼンチン代表のヘラルド・マルティーノ監督が、FIFAとのインタビューで、昨シーズン指揮を執ったバルセロナでの経験を振り返った。

 マルティーノ監督に率いられたバルセロナは昨シーズン、シーズン序盤のスーペル・コパ・デ・エスパーニャ(スペイン・スーパーカップ)こそ制したものの、リーガ・エスパニョーラ、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)、チャンピオンズリーグではタイトル獲得を逃した。

 6シーズン振りの主要タイトル無冠という結果により、わずか1シーズンでバルセロナに別れを告げたものの、昨年8月に母国の代表の指揮官に就任したマルティーノ監督。バルセロナとアルゼンチン代表との相違について説明した。

「バルセロナもアルゼンチン代表も、選手の特性はほぼ同じだが、チームが直面する状況が大きく異なる。クラブでは試合と試合の間のインターバルが短いうえ、異なる特徴を持った相手と代わる代わる対戦しなければならないので、監督は戦いに臨む最適なチームを素早く見出さなければならない」

 また、バルセロナ時代について「スター選手達との過ごし方を学んだ」と評したマルティーノ監督は、ローテーションの採用が上手く行かなかったことを素直に告白した。

「指揮官は全選手が居心地の良さと意欲を感じられるようローテーションを行うが、それは重要な試合を前に悪魔へと変貌する。選手から『これが現実だ。ローテーションは素晴らしいけれども、決定的な試合に臨むチームは結局のところ決まっている。僕は今後も重要な試合には出られない。それは既に前回のR・マドリード戦で証明されているからね』と言われてしまうからね」

 マルティーノ監督は一方、バルセロナよりもアルゼンチン代表の方が選手起用に頭を悩ませることが少ないとの正直な実感を表した。

「アルゼンチンの選手にとって、母国の代表に加わるというのは唯一無二の出来事なので、いかなる状況でもチームのために全力を尽くす。それは、試合に出場するかしないかを知っていたとしてもだ。彼らはチームメイトにも自分と同等の能力があることを認識しており、代表の一員であることが何よりの誇りなので、監督の決断を素直に受け入れてくれる」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る