2015.03.14

首位に返り咲きのバルサ、クラシコ前に泥沼7連敗のエイバルと対戦

バルセロナ
前節首位に返り咲いたバルセロナ [写真]=Getty Images

 バルセロナは前節、ホームでラージョ・バジェカーノに圧勝(6-1)。通算20勝2分4敗としたチームは、レアル・マドリードを1ポイントかわして4カ月振りに首位に返り咲いた。その宿敵との直接対決“伝統の一戦クラシコ”を次節に控えるうえ、その間にはチャンピオンズリーグのマンチェスター・シティ戦が入るという、強豪との連戦前の一戦となる今節だが、複数のポジションで問題を抱えている。

 まず、DFジョルディ・アルバおよびDFダニエウ・アウヴェスが出場停止となる両サイドバックでは、その代役として予想されている2選手のうち、DFアドリアーノは出場に問題がないものの、DFマルティン・モントヤは状態が不安視されており、欠場となった場合はここまで殆ど出場機会のないDFドウグラスを起用せざるを得なくなる。また、セルヒオ・ブスケツの回復が間に合いそうもない中盤の底では、本来なら代わりを務めるMFハビエル・マスチェラーノが警告を受けると“伝統の一戦クラシコ”で出場停止となってしまうため、MFイヴァン・ラキティッチがポジションを下げて起用される可能性が高そうだ。また、DFジェレミー・マテューも累積警告にリーチが掛かっているため、今節は温存されると見られている。

 対するエイバルは前節、アウェーでレバンテに惜敗(1-2)し、通算7勝6分13敗となり13位から14位に後退した。前半戦を8位で折り返したチームだが、後半戦に入っての泥沼の7連敗により、最大11ポイントあった降格圏内との差も5ポイントとなってしまった。

 ホームに戻っての今節は、中盤の底には出場停止のMFダニ・ガルシアに代わりMFボルハが入り、ワントップはFWデヤン・レキッチからFWフェデリコ・ピオヴァッカーリに戻されると見られているものの、連敗阻止およびバルサ対策として大胆なメンバー変更が行われる可能性もありそうだ。

 ただでさえ大きな実力差があるうえ、チーム状態も好対照な両チーム。とりわけ後半戦7試合における攻撃面の差は歴然で、バルサが28得点とゴールを量産しているのに対し、エイバルは2得点とゴール欠乏症に陥っている。それゆえ、失点はそれほど増えていないエイバルの守備陣が、チーム総得点の倍以上のゴールを決めているFWリオネル・メッシ、FWネイマール、FWルイス・スアレスのスリートップを筆頭とするバルサの攻撃陣をどこまで抑えられるかが、試合の盛り上がりを左右することになるだろう。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
3pt
マンチェスター・U
3pt
リヴァプール
3pt
欧州順位をもっと見る
ヘルタ・ベルリン
1pt
バイエルン
1pt
ケルン
0pt
欧州順位をもっと見る
アスレティック・ビルバオ
3pt
アラベス
0pt
アトレティコ・マドリード
0pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング