FOLLOW US

バルサ・ファンが望むのは誰?地元ラジオ局が“獲得希望選手”を調査

ドルトムントに所属するロイス [写真]=Getty Images

 スペインのラジオ局『カタルーニャ・ラジオ』がバルセロナ・ファンに向けたアンケートを行い、クラブに獲得してほしい選手を調査したところ、ドルトムントに所属するドイツ代表FWマルコ・ロイスがもっとも票を集めたことが明らかになった。11日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 現在25歳のロイスは今年2月、ドルトムントとの契約を2019年の6月まで延長したばかりだが、それでも25パーセントの票を集める“人気銘柄”となった。

 なお、2位にはレアル・マドリードに所属するスペイン代表MFイスコが、3位にはアトレティコ・マドリードに所属する同国代表MFコケがそれぞれランクイン。22歳のイスコと21歳のコケが票を集めたことで、ファンは若い才能を欲していることがわかる。

 さらに同ラジオ局は、クラブの次期会長を誰が務めるのかという希望も調査しており、2010年まで会長を務めたジョアン・ラポルタ氏が51パーセントと、過半数の支持を得ている。

 また、現職のジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は、同アンケート結果で2位につけるも、ラポルタ氏の半分近い27パーセントの票しか集めることができなかった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO