FOLLOW US

怖さはブーイング以上…ベイル「クモがいたら誰かに助けを求める」

1月31日のソシエダ戦に出場したベイル [写真]=Getty Images

 レアル・マドリード所属のウェールズ代表MFガレス・ベイルは、マドリードで暮らす上で最も恐ろしいものを明かした。イギリス紙『メトロ』が5日に伝えている。

 ベイルは、2013年に推定移籍金8500万ポンド(約154億円)でレアル・マドリードに移籍して以来、コパ・デル・レイ、チャンピオンズリーグ、UEFAスーパーカップそしてFIFAクラブ・ワールドカップで優勝するなど、あまりトラブルもなくスペインで過ごしていたかもしれない。

 しかし、「クモが…こわいんだ」とすくむように明かすベイル。イベリア半島に多く存在しているクモが、同選手にとっては天敵のようだ。

 ベイルは1月10日に行われたリーガ・エスパニョーラ第18節のエスパニョーラ戦でチームメイトのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドにパスを出さず、サポーターからブーイングを受けていた。以前、それに対しスペイン紙『アス』で「僕はピッチでアシストし、ゴールを決める。僕は自分のやり方で、自分の好きなプレーをしている」と語り、ブーイングを気にしていないコメントをしていたベイルだが、それ以上に心配なことがあると明かしている。

「クモがいたら、もう誰でもいいから助けを求めるよ。そうすれば僕は何もしなくていいからね」

 ベイルは今シーズン14得点を決めているが、レアル・マドリードに移籍して以来初となる7試合無得点が続いている。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA