FOLLOW US

レアルの神童・エデゴーの代理人は…なんと元Jリーガーだった!

エデゴー(左)の代理人を務めるトーレ・ペデルセン氏(右) @eagletoreのインスタグラムのキャプチャー

 レアル・マドリード・カスティージャ(Bチーム)に所属するノルウェー代表MFマルティン・エデゴー。1月の移籍市場で、エデゴーをレアル・マドリード入団へと導いた代理人が、Jリーグでもプレー経験ある元選手だったことをご存知だろうか。

 トーレ・ペデルセン。ノルウェー代表DFとして活躍した選手で、1994年に来日しサンフレッチェ広島でプレーしている(登録名はトーレ)。

 現役引退後、エージェントへと転向したペデルセンは現在45歳。代表キャップ45を誇る元代表戦士にとっても、今回の移籍劇は45年間の人生で最大の大手柄だったといえそうだ。

「大きな移籍だ。低迷の後、ノルウェー・フットボールが再び注目を浴びるのはおもしろいね。我々には今多くのいい選手たちがいる。マルティンだけじゃなくね」

「(レアル・マドリードが受け入れてくれたことは)ただ一言で言って本当に、ファンタスティック。彼らはマルティンと家族両者に対し、彼を歓迎することを証明してくれた」

 ちなみに、 2000万ノルウェークローネ(約3億円)とも言われるエデゴーの年俸について聞かれると、コメントしたくないと話したそうだ。また、同氏の給与について英メディアは週給8万ユーロ(約1062万円)ではないかと伝えている。

(記事提供:Qoly)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA