2015.03.01

クロースはX・アロンソの穴を完璧に埋めた?数字が示すその存在感

トニ・クロース
高いパス成功率を誇るクロース [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードに所属するドイツ代表MFトニ・クロースが、キャリア最長の出場時間を記録することが濃厚となり、なおかつ高いパス成功率を維持していることが明らかになった。スペイン紙『アス』が伝えている。

 今シーズン、レアル・マドリードはここまで40試合の公式戦を戦ったが、クロースはそのうち38試合でプレーし、37試合に先発出場している。クロースのこれまでのキャリアで、シーズン最長の出場時間は、2011-2012シーズンの時に記録した3,433分だったが、現在は3,182分をピッチ上でプレーしており、あと約3試合をプレーすれば、自身の記録を更新することになる。

 さらにクロースは、リーガ・エスパニョーラでプレーする選手の中で最もパスの成功率が高いのだ。これまで1656本パスを出し、そのうち93パーセントを成功させている。ちなみに2位はバルセロナに所属するスペイン代表MFセルヒオ・ブスケツで、1658本のパスのうち92パーセントを成功させた。

 過去のレアル・マドリードの選手では、現在バイエルンに所属する元スペイン代表MFシャビ・アロンソが、2013-2014シーズンにパス成功率88パーセント、2012-2013シーズンにパス成功率82パーセントを記録している。

 今シーズンのレアル・マドリードで、クロースがいかにX・アロンソの穴を埋め、さらにチームを高みに導いているのか、この数字が証明しているのかもしれない。

 レアル・マドリードは1日、ホームでリーグ第25節のビジャレアル戦を迎える。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る