2015.02.22

バルサ連勝ストップ…L・エンリケ監督「チーム全体のミスだ」

ルイス・エンリケ
バルセロナを率いるL・エンリケ監督 [写真]=FC Barcelona via Getty Images

 バルセロナを率いるルイス・エンリケ監督が、21日に行われたリーガ・エスパニョーラ第24節のマラガ戦を振り返った。クラブ公式HPが伝えている。

 バルセロナはマラガに0-1で敗れ、公式戦の連勝は11でストップ。ホームでの完封負けについて、ルイス・エンリケ監督は「我々は忍耐強く戦うことができなかった」とコメントした。

 さらに同監督は「スペースを見つけ出すのが難しい試合だった。痛い敗戦になったが、マラガは正しい方法で戦っていた。我々は、相手が引いた場合の解決策を見つけてきたが、今日は上手くいかなかった」と試合を分析。また、失点場面に関しては「監督や選手、チーム全体のミスだ。個人のミスではない」と述べた。

 24日に控えるマンチェスター・Cとのチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグに向けては「敗戦から立ち直るのは難しい。だが、これまでと変わらずに戦いたい。すぐに次の試合に臨む方が良い。前の試合を忘れることができる」と語っていた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る