FOLLOW US

その名を永遠に…バルサが練習場を『ティト・ビラノバ』に改名

練習場を『Camp Tito Vilanova』に改名 [写真]=Europa Press via Getty Images

 バルセロナは20日、トップチームが使用している練習場を『Camp Tito Vilanova(ティト・ビラノバ・グラウンド)』に改名したと、クラブ公式HPで発表した。

 ティト・ビラノバ氏は、ジョゼップ・グアルディオラ監督下のバルセロナを助監督として支えていたが、2011年11月に耳下腺に悪性腫瘍が見つかり、摘出手術を受けた。その後、2012年夏からはグアルディオラ監督の後任としてバルセロナを指揮。しかし、2012年12月に耳下腺の腫瘍が再発し、一時離脱を余儀なくされた。

 シーズン終盤にはベンチに復帰してリーグ優勝を果たすも、治療に専念するため、2013年7月に辞任。そして病気療養中だった翌年4月24日には、容態悪化によりバルセロナ市内で緊急手術を受けたが、翌日に45歳の若さでこの世を去った。

 今回、クラブはビラノバ氏の功績を称え、練習場の名前を変更。同氏の名が永遠に刻まれることとなった。同日には式典も行われ、トップチームの選手たちは早速、『Camp Tito Vilanova』で練習を実施している。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA