2015.02.14

クラブへの忠誠を誓うスペイン代表ピケ「バルサで現役を引退したい」

ピケ
バルセロナでの現役引退を望むピケ [写真]=FC Barcelona via Getty Images

 バルセロナに所属するスペイン代表DFジェラール・ピケが、自身の将来について言及した。13日付のスペイン紙『マルカ』がコメントを伝えている。

 スペイン・ラジオ局『COPE』の番組『エル・パルティード・デ・ラス・12』に出演したピケは、「毎日、どんどんプロとしての仕事が好きになっていく。まだまだプレーを続けたいね」と、プロとして10年目のシーズンを迎えた今もなお、サッカー選手という仕事への熱意が強まっていることを明かした。

 近年は、現役生活の晩年にアメリカやアジアでのプレーを選ぶ選手が増えている。自身の将来については、「念の為に言っておくけど、僕はバルサで現役を引退したいと思っている。それが今シーズンになるのか、6年後になるのかはわからないけどね。僕はもう他のクラブではプレーしたくないんだ」と、あくまでバルセロナで現役を終えることを望んでいるようだ。

 一時は“世界最高峰のセンターバック”と評された同選手。しかし、昨シーズンはクラブでも6シーズンぶりの無冠に終わり、ブラジル・ワールドカップでも惨敗に終わった。ピケの評価は確実なものではなくなったが、「最高のセンターバックに戻れるかは、自分の活躍次第だよ」と再び活躍を遂げ、名声を取り戻すことを望んでいる様子。

 チームの現状についても、「今の僕たちはシーズンのピークに達しつつある。一度は不調に陥ってしまったけど、今は調子も戻って、毎試合が決勝の舞台のようだ」と、復調しつつあるとし、シーズン後半戦の巻き返しを誓っている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る