FOLLOW US

アトレティコ、ダービー完勝で今季レアルに6戦無敗…出場停止明けCロナ不発

2点目を決め、喜ぶサウル [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第22節が7日に開催され、アトレティコ・マドリードレアル・マドリードによる“マドリード・ダービー”が行われた。

 リーグ戦5連勝中で首位のレアルは、3位アトレティコに勝ち点7差をつけている。今シーズン両チームは、リーグ開幕前のスーペルコパ・デ・エスパーニャ2試合、リーガ第3節、コパ・デル・レイ5回戦2試合と計5試合対戦しているが、アトレティコの3勝2分で同試合を迎えた。

 ホームのアトレティコは開始10分にトラブル。コケが筋肉系のトラブルでサウル・ニゲスとの交代を強いられる。しかし14分、アトレティコはフアンフランの右クロスがファーサイドまで流れると、マリオ・マンジュキッチが落とす。走り込んだティアゴ・メンデスがミドルシュートを打つと、ブロックに入ったDFの足の間とGKイケル・カシージャスの脇を抜けてゴールイン。アトレティコが先制する。

 勢いが止まらないアトレティコは18分、左サイドからギリェルメ・シケイラがクロスを送ると、ニアサイドのサウルが左足でバイシクルシュート。これがゴール左に決まる素晴らしいゴールとなり、あっという間に2点のリードを得る。

 レアルは前半の終盤にようやくアトレティコゴールへ迫れるようになるが、守備をしっかりと固める相手を崩せず、シュートも1本で前半を終える。

 レアルはサミ・ケディラを下げて2試合連続得点中のヘセ・ロドリゲスを後半開始時に投入。攻撃的なカードを切る。53分、アトレティコは左サイドからのボールをサウルがヘディングでコースを変え、アントワーヌ・グリエスマンがオーバーヘッドシュートをしたが、クロスバーの上。直後にも右クロスをヘディングで合わせたが、これも枠を越えた。

 後半も試合を優勢に進めていたアトレティコに決定的な3点目が生まれる。67分、アルダ・トゥランが左足でアーリークロスを送ると、エリア内左の深い位置でサウルがヘディングで折り返す。最後はグリエスマンが押し込んだ。一方で、サウルが同プレーで負傷し、ラウール・ガルシアと交代する。

 チャンスの作れないレアルは73分、カリム・ベンゼマを下げ、ハビエル・エルナンデスを投入。アトレティコはグリエスマンに代えてフェルナンド・トーレスを入れて交代枠を使い切る。レアルは相手選手への暴力行為による2試合の出場停止から復帰したクリスティアーノ・ロナウドもいいところなく無得点。アトレティコは89分にもマンジュキッチがチーム4得点目を挙げ、アトレティコが4-0で完勝した。

 今シーズンのリーグ戦でレアル相手にダブルを達成したアトレティコはリーグ戦4連勝となり、次節はアウェーでセルタと対戦。リーグ戦の連勝が5で止まったレアルは次節、ホームでデポルティボと対戦する。

【スコア】
アトレティコ・マドリード 4-0 レアル・マドリード

【得点者】
1-0 14分 ティアゴ・メンデス(アトレティコ・マドリード
2-0 18分 サウル・ニゲス(アトレティコ・マドリード
3-0 67分 アントワーヌ・グリエスマン(アトレティコ・マドリード
4-0 89分 マリオ・マンジュキッチアトレティコ・マドリード

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA