FOLLOW US

レアル300試合出場のマルセロ、アシスト数もDFでリーグ最多を記録

攻守ともにチームへ貢献するマルセロ(右) [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードでの公式戦300試合出場を果たしたブラジル代表DFマルセロが、DFの中でリーグ最多のアシスト数を記録していることが明らかになった。6日、クラブ公式HPが伝えている。

 マルセロは、4日に行われたリーガ・エスパニョーラ第16節(延期分)セビージャ戦で、左サイドからクロスを供給し、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの得点をアシスト。1日に行われた第21節のレアル・ソシエダ戦でも同様の形で得点を呼び寄せており、今シーズンのアシスト数を5まで伸ばした。

 5アシストという数字は、リーグ第21節までを消化した時点でDFの中では最多にあたり、クラブは「攻守ともに貢献している選手」と、マルセロの働きを評価するコメントを掲載した。

 なお、マルセロに次いでアシストの多いDFは、アトレティコ・マドリードに所属するスペイン代表DFフアンフランと、バレンシア所属のU-21同国代表DFホセ・ルイス・ガヤで、それぞれ3回を記録している。

 レアル・マドリードは7日に、リーグ第22節でアトレティコ・マドリードとの“マドリード・ダービー”に臨む。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO