2015.02.06

レアルに続きバルサもか…聖地カンプ・ノウの命名権がカタール航空へ

カンプ・ノウ
名称変更の可能性が浮上したバルセロナの本拠地カンプ・ノウ [写真]=Getty Images

 バルセロナが、ユニフォームの胸スポンサー契約を結ぶカタール航空に本拠地カンプ・ノウの命名権を譲渡する可能性が浮上した。5日付のイギリス紙『デイリー・メール』が報じている。

 4日に新たなキャンペーンを打ち出し、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシやブラジル代表FWネイマールらが、コミカルな衣装を着用した広告が話題になっているカタール航空とバルセロナ。

 現在バルセロナは、カタール航空と1年で約2500万ポンド(約45億円)と推測される胸スポンサー契約を結んでいる。同契約は2016年に満了を迎えるが、両者は新たな契約を結ぶことを画策している模様だ。

 新契約の交渉では、バルセロナの本拠地として世界的に知られるカンプ・ノウのネーミングライツを、カタール航空に譲渡するという案が浮上。もしそれが実現した場合は「カタール航空・カンプ・ノウ」のようなスタジアム名が誕生することになる。

 バルセロナは、クラブ創設から2006年まで胸スポンサーを付けないことを伝統としていた。しかし、2006年から「ユニセフ」、2011年からは「カタール財団」とのスポンサー契約を結び、伝統は破られてしまった。

 1月末には、バルセロナのライバルクラブ、レアル・マドリードの本拠地「サンティアゴ・ベルナベウ」のネーミングライツが、アブダビの石油会社「IPIC」へ譲渡されると報じられ、「アブダビ・ベルナベウ」などの名称へ変更される可能性が浮上したばかりであった。

 スペインが誇る2大クラブも、マネーゲームの前では伝統を捨てるしか無いのかもしれない。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る