2015.02.02

アルゼンチンの女僧「メッシは神の化身」、「ロナウドはうぬ惚れ」

バルサのメッセ(左)とレアルのC・ロナウド(右) [写真]=Getty Images

 スペインに住むアルゼンチン出身の女僧ルシア・カラムさんが、同胞でバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを「神の化身」称賛し、2014年度のFIFAバロンドール(世界年間最優秀選手賞)を獲得したレアル・マドリード所属のポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウドを「うぬ惚れ」と批判した。31日のスペイン紙『スポルト』が報じている。

 バルセロナとメッシの大ファンであることを公言するカラムさんはスポルトに対し、次のように話している。

「私にとって、神が存在する証拠は善や美に表れること。メッシのプレーを見るとそれが見て取れる。人が美しい絵画や夕日に心を奪われるように、人はメッシに会うと魅了される。私は彼が神だとは言わないが、彼は光り輝く神の化身だ」

 一方、カラムさんはロナウドを批判的にこう表現する。

「メッシが天使で、ロナウドが悪魔かって?メッシは偉大な選手としての美徳があるが、彼は善人でもあり謙虚だ。ロナウドは非常に上手いプレーをするが、非常にうぬ惚れが強く、無愛想な態度を取る。彼は私の敵ではないし、非常に良いサッカー選手だと思うけど、心の調和がとれていない」

 さらにカラムさんは、1月24日に行われたリーガ・エスパニョーラ第20節のコルドバ戦で暴力行為により退場したロナウドについて、「弁護の余地が無い行動をしたアイドルを守ろうとするのは人の弱点であり、私はそれを心配している。最近のロナウドの態度はよろしくない」と非難している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る