FOLLOW US

レアル、4発快勝も“自己チュー”なベイルに批判…ハメスの決定機奪う

レアル・マドリードのMFベイル [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ21節が、1月31日に行われた。レアル・マドリードはホームにレアル・ソシエダを迎え、4-1で勝利した。快勝したこのゲームで、ウェールズ代表のガレス・ベイルのシュートミスがまたも話題を集めている。

 スペイン紙『アス』が報じている。

 前半41分にレアル・マドリードはフランス代表カリム・ベンゼマが左サイドを突破し、相手DFとGKをひきつけてクロス。ゴールは無人で、ディフェンダーが一人、目の前にいるだけだった。そのベンゼマのクロスをハメス・ロドリゲスはシュートするだけだったが、ゴール前に走り込み、同じく良いポジションをとっていたベイルが突然現れ、ハメス・ロドリゲスの目の前でトラップしてシュート。ベイルのシュートは相手DFに当たり、ゴールにはならなかった。

 ベイルのシュート後、突然目の前で自分の決定機を奪われたJ・ロドリゲスはその不満を明確にジェスチャーで示した。ベイルの自己中心的なプレーに、サンティアゴ・ベルナベウの観衆からはブーイングが起きた。

 ベイルがよりいいポジショニングにいる同僚にパスをせず、もしくは譲らずにシュートを打ち、決定機を逃したのは2015年になってからこれで3度目となる。その自己中心的なプレーは批評されていた。17節バレンシア戦、18節エスパニョール戦では決定機にクリスティアーノ・ロナウドへパスをせず、ベイルは自らシュートを打つことを選択し、決定機を潰した。ポルトガル人ストライカーはその度に怒り、大きな話題となっていた。

 ベイルはレアル・ソシエダ戦では自己中心的なプレーで決定機をふいにした後に、ベンゼマのゴールを見事なアシストでお膳立てをしており、決して彼が自分だけの得点を考えてプレーしている選手ではないことは明らかだ。しかし、またもベイルの独りよがりのシュートが大きな注目を集めている。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA