2015.01.29

アンサルディ、警察との小さなトラブルで逮捕…同僚を応援できず

アンサルディ
アトレティコに所属するアンサルディ [写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリード所属のアルゼンチン代表DFクリスティアン・アンサルディが、警察とのトラブルにより逮捕されていた。スペイン紙『ムンド・デポルティボ』が報じている。

 左ひざを痛めていたアンサルディは、28日に行われたバルセロナとのコパ・デル・レイ準々決勝セカンドレグの招集メンバーから外れていた。同選手はチームを応援しようとビセンテ・カルデロンに自身の車で向かっていたが、道中で警察に止められ、身分証明書の提示を求められた。

 その後、身分証明書を所持していなかったアンサルディは小さな口論となり、車のドアを閉めようとした際、不運にも警察官の指をはさんでしまった模様。結局、アルゼンチン人ディフェンダーは警察署に連行されることになった。なお、警察署から出てきたのは24時を過ぎており、アンサルディはビセンテ・カルデロンのスタンドから同僚を応援することはできなかったと伝えられている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る