2015.01.25

蹴られたエジマール、一発退場のC・ロナウドを擁護「全く問題ない」

エジマール
C・ロナウドに暴力行為を受けたエジマール(左)[写真]=Getty Images

 レアル・マドリード所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、24日に行われたリーガ・エスパニョーラ第20節のコルドバ戦で、試合終盤の82分に相手DFのエジマールを蹴り、一発退場処分となった。

 C・ロナウドは試合後に自身のツイッターを通して謝罪。「今日のゲームでの軽率な行為を、全ての人、特にエジマールに謝罪する」と謝りの言葉を綴っていた。

 しかしスペイン紙『マルカ』によると、蹴られたエジマールは「全く問題ない。僕は彼を許すよ」と、C・ロナウドの行為を気にしていない様子だ。

「クリスティアーノは僕にとって世界最高の選手だ。そんな彼と対立する必要なんてない」話し、「熱くなってしてしまったことだろうし、誰にでも起こり得ることだ。上手くいかずに、少しナーバスになっただけだと思うよ」と同選手の行為に理解を示している。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る