2015.01.25

相手選手蹴って一発退場のC・ロナウド「軽率な行為を謝罪する」

C・ロナウド
エジマール(左)を蹴ったC・ロナウド [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第20節が24日に行われ、コルドバとレアル・マドリードが対戦。前半を1-1で折り返すと、試合終盤の89分に相手ハンドで得たPKをガレス・ベイルが沈めたレアル・マドリードが勝利し、リーグ首位を守った。

 同試合ではホームのコルドバが善戦。縦に速い攻撃を仕掛けてレアル・マドリードを苦しめた。中でもポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは思うようなプレーができず。1-1で迎えた82分には相手DFのエジマールを蹴り、一発退場処分となった。

 試合後、C・ロナウドは自身のツイッターを更新。「今日のゲームでの軽率な行為を、全ての人、特にエジマールに謝罪する」と謝りの言葉を綴っている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る