2015.01.22

アトレティコDFミランダ「あの手のPKは笛が鳴る時も鳴らない時もある」

ミランダ
バルセロナ戦に出場したDFミランダ(右) [写真]=Getty Images

 昨シーズンのリーガ・エスパニョーラのタイトルを最終節まで争った2チームによる注目の対決が実現したコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)準々決勝、21日に行われたファーストレグはホームのバルセロナがアトレティコ・マドリードを1-0で下して先勝した。

 バルセロナがボールポゼッションで圧倒しながらも、アトレティコ・マドリードがしのぎ切るという展開となったこの試合、勝負を分けたのは微妙な判定だった。両者スコアレスで迎えた83分、アトレティコ・マドリードのDFフアンフランが自陣ペナルティエリア内でバルセロナのMFセルヒオ・ブスケツを倒したとしてPKの判定が下される。このPKを蹴ったFWリオネル・メッシが、1度はGKヤン・オブラクに止められたもののリバウンドを押し込んでゴールを奪うと、結局これが決勝点となりバルセロナが勝利した。

 試合後、この一戦を中継した『Canal Plus』とのインタビューに応じたアトレティコ・マドリードのDFミランダも、判定に敬意を表しながらも不運を嘆いている。

「あの手のPKは笛が鳴る時もあれば鳴らない時もある。僕達は良いプレーをしただけに、今回の結果はあまりにも残酷だと思う」

 とはいえ、同じくアウェーでバルセロナと対戦して1-3で敗れたリーガ・エスパニョーラ第18節から、わずか10日間で内容が大きく改善したアトレティコ・マドリード。手応えを掴んだ模様のミランダは、セカンドレグでの逆転での準決勝進出に自信を見せた。

「これは挽回可能なスコアだ。僕達は強力な守備陣を有しており、殆どの試合で得点を挙げているからね。また、リーガでの試合を経て、僕達はバルセロナ相手のプレーの仕方を学んだ。ホームのサポーターの強力な応援があるセカンドレグでは、逆転だけを考えて戦うまでだ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る