2015.01.17

アディダス社、退団噂のメッシのチェルシー、マンU移籍を後押しか

メッシ
アディダスのパーカーを着るメッシ [写真]=FIFA via Getty Images

 アディダスには、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシのバルセロナ退団を後押しするという考えがあるようだ。16日付けのスペイン紙『アス』が伝えている。

 ドイツのスポーツメーカーであるアディダスの調査によると、「メッシがどこのスポーツメーカーと契約しているか?」という質問に対し、70パーセントの人が「メッシはアディダスではなく、ナイキと提携していると思う」と回答した。

 実際のところメッシはアディダスと契約を結んでいるのだが、同選手が所属するクラブはバルセロナである。バルセロナはナイキとテクニカルサプライヤーを結んでおり、メッシはそのユニフォームを着て、数々のタイトルを獲得してきた。そしてメッシの名前と背番号の入ったバルセロナのユニフォームの方が、アディダスのアルゼンチン代表ユニフォームよりも圧倒的に売れている。こうした事実が、アディダスがメッシの移籍をプッシュする一つの要因にもなっているという。

 これにより、アディダスはメッシが同社とテクニカルサプライヤー契約を結んでいるクラブでプレーすることを希望している。そのため同社は、チェルシーやマンチェスター・U(2015-16シーズン以降、ナイキからアディダスに変更)がメッシ獲得を目指すのなら、その協力は惜しまないと考えている。

 また、アディダスがバルセロナとテクニカルサプライヤー契約を結ぶ可能性も無いわけではない。バルセロナはナイキと2018年6月まで契約を結んでいるが、バルセロナは年間のスポンサー料の値上げを望んでいる。

 バルセロナとナイキは1998年から強い関係にあり、テクニカルサプライヤーが変わることは想像しにくい。しかしアディダスは、2002年から13年間にわたってナイキと契約しているマンチェスター・Uと、2015-16シーズンからの契約を結んでおり、そのニュースはバルセロナにも影響を与えているようだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
28pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る