FOLLOW US

バルサ、暫定首位浮上の好機逃す…モイーズ率いるソシエダに完封負け

メッシが後半から出場も、バルサは完封負け [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第17節が4日に行われ、レアル・ソシエダとバルセロナが対戦した。

 リーグ戦16試合を終えて勝ち点38で2位につけるバルセロナ。消化数が1試合少ない状態で勝ち点39、首位のレアル・マドリードが今節でバレンシアに1-2で敗れたため、バルセロナは暫定首位浮上のチャンスを得た。レアル・マドリードの敗戦を知ったうえで、アウェーゲームに臨んだ。

 しかし、開始早々の2分に出鼻をくじかれる。左サイドからクロスを上げられると、クリアを試みたジョルディ・アルバのヘディングがゴールへ吸い込まれた。バルセロナはオウンゴールで先制を許した。

 1点ビハインドで迎えた後半開始時から、バルセロナはベンチスタートのリオネル・メッシを投入。さらに58分には同じくベンチスタートだったネイマールをピッチに送り出し、打開を図る。アンドレス・イニエスタがペナルティーエリア手前から思い切りよく左足ミドルシュートを放つなどゴールを脅かしたが、なかなか同点に追いつけない。

 バルセロナは再三に渡ってチャンスを作り出したが、最後までゴールネットを揺らせなかった。試合は1-0で終了。レアル・ソシエダが勝利を収め、バルセロナは勝ち点を伸ばすことができなかった。

【スコア】
レアル・ソシエダ 1-0 バルセロナ

【得点者】
1-0 2分 オウンゴール(ジョルディ・アルバ、バルセロナ)

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA