2015.01.03

バレンシア移籍のMFペレスが入団会見、デビューはレアル戦か

エンソ・ペレス
バレンシアへ移籍したアルゼンチン代表MFペレス [写真]=Getty Images

 2日、アルゼンチン代表MFエンソ・ペレスのバレンシア入団発表がメスタージャで行われ、8000人のサポーターが駆けつけた。

 バレンシアは2500万ユーロ(約36億円)をポルトガルのベンフィカに支払い、ペレスを獲得。同選手は「あなたたちがここにいることに感謝し、僕はここに多くの期待をしてやって来た。6カ月待ってくれたチームの僕への信頼に感謝したいし、この新たなプロジェクトが進行し、幸せな2015年であることを期待している」と語った。バレンシアは昨夏にもペレスを獲得しようとしたが、交渉は成立せず。再度、ベンフィカと交渉を続けて、冬の移籍市場で獲得に至った。スペイン紙『アス』が伝えている。

 ペレスは息子の誕生日にちなみに背番号「15」を着用することを決めた。またデビュー戦は4日にホームで行なわれるレアル・マドリード戦の可能性が高い。ペレスは、「レアル・マドリード戦がデビュー戦になることは歓迎する。ただ、出場を決めるのは、トレーニングを見てのテクニカルスタッフの決断による。日曜日にプレーするか、しないかは監督が決定することだ」と語り、ポジションについては以下のように言及した。

「今の時代、サッカー選手は用途が広くなければいけないし、多くのポジションでプレーできなければいけない。あとは監督が、選手の最もいいパフォーマンスを発揮できる場所を決める。僕はほとんどのポジションをプレーしてきたし、最近2シーズンはセンターハーフのポジションを務めてきた。監督が決めたボジションでプレーするし、何よりもチームの利益になるプレーをするつもりだ」

 バレンシアには、昨シーズンまでともにベンフィカでプレーしていたMFアンドレ・ゴメスや、FWロドリゴがレンタルで加入している。ペレスは、「連絡はとっていたし、チームや街について質問はしていた」と明かし、「全てすばらしいと聞いた。その会話の全てがあって、今日僕がここにいる。バレンシアを選択し、他には行かなかった。目標を持つことは好きだ。僕たちが持つ挑戦が全て上手くいくことを願っている」と話した。

 最後にペレスは、「僕は最近のバレンシアの試合は見ていた。サッカーを見ることは好きだし、多くのリーグを見ている。家で世界中のゲームを見ているんだ。バレンシアは他のゲームとは違う視点で見ていた。まるでチームメートを見るような視点でテレビで見ていた」とコメント。改めて、バレンシア加入への喜びを表した。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る