FOLLOW US

ハットで逆転勝利に貢献したグリエスマン「監督の檄が最高だった」

ハットトリックを決めたグリエスマン [写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードは現地20日、アウェーでアスレティック・ビルバオに4-1で逆転勝利し、リーガ・エスパニョーラ第16節の注目の一番を制すると共に2014年を白星で締めくくった。

 この試合、17分にアスレティック・ビルバオに先制されたものの、後半に入り反撃をスタートしたアトレティコ・マドリードは、早々と46分にFWアントワーヌ・グリエスマンのゴールで同点に追い付くと、直後の53分にMFラウール・ガルシアのPKで逆転に成功。さらに73分および81分にグリエスマンが追加点を挙げ、終わってみれば3点差で勝利を収めた。

 試合後、この一戦を中継した『Canal Plus』とのインタビューに応じたグリエスマンは、逆転勝利の鍵としてディエゴ・シメオネ監督のハーフタイムの檄を挙げた。

「僕達は前半、あまり良いプレーができなかった。だが、シメオネ監督がハーフタイムにチームが必要とする言葉を掛けてくれたことで、後半に入ってパフォーマンスが大きく上がった。監督は『試合を満喫するんだ。全てを出し切って、良い形で2014年を締めくくるぞ』とチームを鼓舞してくれた。あの檄が最高だったね」

 一方、「どのゴールが一番良かったか?」と聞かれ、「3ゴールとも良かったよ」と答えたグリエスマンは、移籍後初となるハットトリックを素直に喜んだ。

「自分にとっては、アトレティコ・マドリードに加入して以来、最高の試合となった。今後もハードワークを続け、今日のようなプレーもしくはそれ以上のパフォーマンスが常に発揮できればいいね」

 昨シーズンまでレアル・ソシエダでプレーしたグリエスマンだが、その地元ライバルであるアスレティック・ビルバオとの一戦を前にしても特別な意識はなかったことを説明した。

「全ての試合が僕にとってはモチベーションとなる。監督から出場機会を与えられた時に最高の力を発揮するというのが、僕が目指していることだからね」

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA