FOLLOW US

レアル、2014年通算51勝の178ゴール…2012年のバルサの記録を更新

クラブW杯を制したレアル・マドリードのメンバー [写真]=FIFA via Getty Images

 レアル・マドリードは、2014年で年間通算178ゴールを挙げて51勝を記録し、スペインでの記録を更新した。スペイン紙『アス』が21日に伝えている。

 20日に行われたFIFAクラブ・ワールドカップ決勝で南米王者のサン・ロレンソを下し、クラブ初のタイトルを獲得したレアル・マドリード。昨シーズンはコパ・デル・レイ、チャンピオンズリーグで優勝し、今シーズンはUEFAスーパーリーグに続いてクラブ・ワールドカップを制し、2014年は4つのタイトルを獲得した。

 レアル・マドリードは、昨シーズンの1月6日に行われたリーガ・エスパニョーラ第18節のセルタ戦で3-0の勝利を収めて、2014年をスタート。そして12月20日に同クラブにとって年内最後の試合となったクラブ・ワールドカップ決勝のサン・ロレンソ戦で勝利して、2014年を締めくくった。

 その間、公式戦63試合を行ったレアル・マドリードは、51勝5分け7敗。勝率は約81パーセントを誇っている。そして、178得点、39失点で、1試合平均得点は2.83ゴール、平均失点は0.62ゴールを記録。このレアル・マドリードの年間51勝、178ゴールは、バルセロナが2012年に記録した49勝、175ゴールを上回り、スペインでの記録を更新した。

 なお、レアル・マドリードは公式戦22連勝中。同一シーズン中での記録はオランダのアヤックスが1971-1972シーズンに公式戦26連勝を達成している。

 レアル・マドリードは、30日に日本代表FW本田圭佑が所属するミランとドバイで親善試合を行い、1月4日にはリーガ・エスパニョーラ第17節のバレンシア戦で2015年の初戦を迎える。

レアル・マドリード、2014年の大会別得点数

▼リーガ・エスパニョーラ
35試合 110ゴール/1試合平均3.05ゴール

▼チャンピオンズリーグ
13試合 37ゴール/1試合平均2.85ゴール

▼コパ・デル・レイ
9試合 22ゴール/1試合平均2.4ゴール

▼UEFAスーパーカップ
1試合 2ゴール

▼スーペルコパ
1試合 1ゴール

▼FIFAクラブ・ワールドカップ
2試合 6ゴール/1試合平均3ゴール

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA