FOLLOW US

激動の1年終えたシメオネ監督「勝利で偉大な14年を締めくくれた」

2014年を勝利で終えたシメオネ監督 [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第16節が21日に行われ、アトレティコ・マドリードは敵地でアスレティック・ビルバオと対戦し、4-1で勝利した。試合後、同クラブを率いるディエゴ・シメオネ監督がインタビューに応えた。同日付のスペイン紙『マルカ』がコメントを伝えている。

 17分にセットプレーから失点し、前半をリードされた状態で折り返したアトレティコ・マドリードだが、後半はフランス代表FWアントワーヌ・グリエスマンがハットトリックと大爆発。合計4ゴールを叩き出し、逆転で勝ち点3をもぎ取った。

 前後半で全く違う展開となった同試合について、シメオネ監督は「とても変化に富んだ試合だった。前半はアスレティック(・ビルバオ)が素晴らしく、後半は我々が強さと激しさを見せられたと思う。前半に、アスレティックの2点目が入らないことを願っていたよ。生きた状態でロッカールームへと戻るためにね」と振り返り、前半で2点目を決められていれば、難しい状況に陥っていたと推測している

 ハットトリックでチームを勝利に導いたグリエスマンについては「グリエスマンは我々がチームに求めていた選手だ。彼は違いを作り出すことができ、(今日の活躍で)トレーニングを頑張っていたことがわかったよ」と、同選手が日々の練習の成果を発揮してくれたことを喜んだ。

 2点目のペナルティキックにつながったティアゴ・メンデスへのファウルや、3点目の際にグリエスマンがオフサイドポジションにいたのではないかと、審判の判定について疑問の声があがっている。これについては「審判のパフォーマンスについては、以前も意見しなかった。今夜も、そしてこれからもそれはしない」と明言を避けた。

 この試合では、出場停止によりクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチとスペイン代表MFコケを欠いていた。難しい状況でも勝利を上げたチームに対して、「前半は、マンジュキッチとコケの不在に苦しんだ。でも後半は落ち着きを取り戻し、偉大なる2014年を締めくくれた。最終戦で、この1年を素晴らしい数字で終えることが出来たんだ。でも来年、我々はもっと改善することが出来るはずだ」と称えるとともに、2015年のさらなる飛躍を誓っている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA