FOLLOW US

歴史に名を刻むC・ロナウド、故郷マデイラ島に銅像が建てられる

故郷に銅像が建てられたC・ロナウド [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 ポルトガルの南西に位置するマデイラ島に、レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの銅像が建てられたことが明らかになった。21日付の大手メディア『スカイスポーツ』など各メディアが報じ、同選手は自身の公式フェイスブックを通じてコメントしている。

 大西洋に浮かぶ小さな島、マデイラ島のフンシャルで生まれ育ったC・ロナウド。人口約25万人の街が輩出した世界的スターを称え、フンシャルの住民は同選手に銅像を贈ったとされる。

 レアル・マドリードは、20日にモロッコで開催されたFIFAクラブ・ワールドカップ2014決勝のサン・ロレンソ戦を2-0で制し、トロフィーのコレクションをさらに1つ増やした。

 21日、モロッコからマデイラ島に立ち寄り式典に出席したC・ロナウドは、自身の銅像の建立について「マデイラに銅像が建つことを光栄に思うよ。この瞬間を家族とマデイラの人々ともに分かち合えることは、本当に大きな喜びだ。心温まるセレモニーをありがとう」と述べ、家族とマデイラ島の住民に感謝の意を表した。

 3.4メートルに及ぶC・ロナウドの銅像は、2つのバロンドールなどが展示されるクリスティアーノ・ロナウド記念館の中に建てられている。

 2015年1月に発表されるFIFAバロンドール2014にもノミネートされているC・ロナウドは、故郷にまた新たな足跡を残し、2015年もさらなる飛躍を誓う。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA