2014.12.01

S・ラモスがモウリーニョを“無視”「セルタの会長の話はしない」

セルヒオ・ラモス
S・ラモス(左)とモウリーニョ監督(右) [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督について「セルタの会長の話はしない」と発言した。スペイン紙『アス』が報じている。

 事の発端は今月中旬、チェルシーFWジエゴ・コスタのスペイン代表招集外をめぐる発言だった。スペイン代表は15日にユーロ2016予選のベラルーシ代表戦、18日にドイツ代表との親善試合に臨んだが、ジエゴ・コスタはコンディション不良もあって招集外に。しかし同選手は、22日に行われたプレミアリーグ第12節のウェスト・ブロムウィッチ戦に出場した。

 代表戦に参加せず、クラブでは試合に出場したジエゴ・コスタの姿勢について、セルヒオ・ラモスは疑問を呈するニュアンスのコメントを発した。するとモウリーニョ監督は「彼が素晴らしい選手であることは知っているが、彼は医者ではないはずだ。彼がこの2年間で医学を学び、マスターしたということはないだろう」と、皮肉を交えて反論した。

 そこでセルヒオ・ラモスは、29日に行われたリーガ・エスパニョーラ第13節のマラガ戦後に報道陣の取材に対応。モウリーニョ監督に関する質問に対して「セルタの会長について話すことはない」と、セルタのカルロス・モウリーニョ会長の名前を挙げ、チェルシーの指揮官を無視するコメントを残した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る