2014.11.20

長期離脱のモドリッチ「監督からは『焦るな』とアドバイスされた」

ルカ・モドリッチ
イタリア戦で負傷したレアルのクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(中央)[写真]=Getty Images

 レアル・マドリードのクロアチア代表MFルカ・モドリッチが、現地19日付の母国紙『Sportske Novosti』とのインタビューで、故障により長期離脱を強いられた現況についてコメントを残した。

 クロアチア代表として出場した現地16日のイタリア代表とのユーロ予選2016で左足の大腿直筋の腱を断裂し、全治3カ月との診断を受けたモドリッチ。予想外の重傷にショックを隠しきれなかったという。

「けがの程度を知るためにMRI検査を受けたが、僕が最も衝撃を受けたのは『回復まで3カ月かかる』と言われた時だった。ある程度の期間ピッチから離れなければならなくなるとは思っていたものの、まさか3カ月にもなるとは全く考えていなかったので、完全に言葉を失ってしまった。トッテナム時代にすねの故障により100日近く戦列を離れたことはあったとはいえ、これほどまで長い時間フットボール無しの生活をすることには、12年間のプロのキャリアをもってしても慣れていない」

 モドリッチは一方、カルロ・アンチェロッティ監督からは慎重に回復に努めるよう助言されたことを明らかにした。

「アンチェロッティ監督からは、『慌てる必要はない。医者の意見を聞き、強い気持ちをもって落ち着いて対処すればいい』と言われた。監督はこういったタイプのアクシデントにおける豊富な経験を有しており、『焦ってリハビリを進めてはならない。最も重要なのは問題を解決し、完全な状態でピッチに戻ることだ』とアドバイスされた」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
42pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
52pt
インテル
43pt
欧州順位をもっと見る