FOLLOW US

バルサのシャビが展望「引退後は英語を学び、監督になりたい」

指導者転身の希望を明かしたシャビ [写真]=Getty Images

 バルセロナの元スペイン代表MFシャビが、自身のキャリアと同クラブでのプレーについて語った。スペインメディア『TV3』出のコメントを、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 シャビは「自分は今34歳で、1月には35歳になる。プレーする時間はあまり残ってはいないんだ。だから、この時を最大限に楽しみたい。それが最も良いことだと皆が言うからね」と、選手としての自身のキャリアについて語った。

 そして引退後の展望について「監督としての勉強をして、英語も学びたい。将来的に自分に機会が与えられるかどうかはわからないけど、サッカー界に関わっていたいと思っているよ。もちろん、バルセロナともね」と、指導者転身の希望を明かした。

 また、今夏にバルセロナ退団の可能性が取り沙汰されたことについては、「このタイミングがクラブを去る時だと思っていたけど、最後は愛情が勝ったんだ」と説明した。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA