2014.11.06

ソシエダ会長、新監督候補のモイーズ&ペペ・メルとの接触を認める

モイーズ メル
モイーズ氏(左)とペペ・メル氏(右) [写真]=Getty Images

 レアル・ソシエダのホキン・アペリバイ会長が、マンチェスター・Uの元指揮官であるデイヴィッド・モイーズ氏と、ベティスやウェスト・ブロムウィッチなどを率いた経験を持つペペ・メル氏を、新監督の候補に挙げていることを明かした。大手メディア『ESPN』が伝えている。

 レアル・ソシエダは、2日にハゴバ・アラサテ監督の解任を発表しており、モイーズ氏やペペ・メル氏は後任候補として噂されている。この件について、アペリバイ会長は「何人かの名前がメディアで報じられている」とコメント。さらに「我々がデイヴィッド・モイーズやペペ・メルとコンタクトをとっているのは本当だ」と語り、両者と接触していることを認めた。

 その一方で、同会長は「他にも何人かの人物と話をしている」と述べ、モイーズ氏やペペ・メル氏以外にも監督候補がいることを口にしていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る