2014.10.31

公式戦10連勝を達成したレアル、連敗を4で止めたグラナダと対戦

レアル・マドリード
クラシコでの勝利を喜ぶR・マドリードの選手たち [写真]=Real Madrid via Getty Images

 前節はホームでのバルセロナとの“伝統の一戦クラシコ”に快勝(3-1)したレアル・マドリードは、順位こそ3位キープに止まったものの、通算成績を7勝2敗として首位を走る宿敵に1ポイント差に迫った。



 また、直前のコパ・デル・レイでもアウェーでコルネジャに楽勝(4-1)し、公式戦10連勝を達成した。連戦の影響が気になるチームだが、コルネジャ戦ではセンターラインを中心に主力を休ませており、今節はほぼベストメンバーを組むことができそうだ。

 また、故障中のMFガレス・ベイルの代わりに出場が続いているMFイスコも、レギュラー取りに向けて一段と調子を上げている。

 一方、前節はアウェーでエイバルとドロー(1-1)を演じ、連敗を4でストップしたグラナダは、通算成績を2勝3分4敗として14位をキープ。今節はここまで全試合でスタメンを務めてきたMFフラン・リコが累積警告により起用できない中盤が不安となるため、代わりに出場することが予想されるMFエクトル・ジュステもしくはMFエディ・シルベストレの働きが鍵となりそうだ。

 磐石の戦いを繰り広げているレアル・マドリードにとっては、3日後に行われるチャンピオンズリーグのリヴァプール戦に気が回り過ぎることが唯一の心配とも言える一戦。劣勢が必死のグラナダにとっては、相手のわずかな心の隙に付け入りたいところだ。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る