2014.10.27

クラシコを振り返るDFマテュー「セットプレーに問題を抱えている」

初のクラシコとなったマテュー(右) [写真]=Getty Images

 バルセロナは25日、リーガ・エスパニョーラ第9節でレアル・マドリードと対戦し、1-3で敗れた。バルセロナに所属するフランス代表DFジェレミー・マテューが同試合を振り返った。スペイン紙『スポルト』がフランスのラジオ番組『RTL』で語ったマテューのコメントを伝えた。

 初めてのクラシコを振り返ったマテューは、ポルトガル代表DFペペに許したセットプレーからの失点について言及。今後はセットプレー時の守備を強化していく必要があると語った。

「僕たちは上手く試合を運ぶことができると考えていた。けれど、相手のカウンターを浴びる状況が続いたんだ。カウンターこそが彼らの強さだ。そして逆転を許した場面が大きなダメージになった。僕たちにはセルヒオ・ブスケッツやジェラール・ピケのように長身の選手がいる。それでもセットプレーの対応には問題を抱えていると言わざるを得ない。この問題を改善できるように努力しなければいけないね」

 バルセロナは、11月1日に行われるリーグ第10節でセルタと対戦する。

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る