FOLLOW US

バルサ指揮官、先発でデビューのスアレスは「期待以上に良かった」

レアル戦でバルサでのデビューを果たしたスアレス [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第9節が25日に行われ、レアル・マドリードとバルセロナが対戦。ホームのレアル・マドリードが3-1と逆転勝利を収め、6連勝を果たした。敗れたバルセロナは今シーズンのリーグ戦初黒星を喫した。

 試合後、バルセロナのルイス・エンリケ監督が、同クラブでのデビューを果たしたウルグアイ代表FWルイス・スアレスについて言及した。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 ブラジル・ワールドカップで噛み付き行為をしたスアレスは、4カ月の出場停止が明けた同試合に先発出場。約4カ月ぶりに公式戦でプレーし、2点差を追いかける展開の中、69分にスペイン代表FWペドロ・ロドリゲスと交代した。

 ルイス・エンリケ監督はスアレスについて、「期待以上にリズム感があって、良かった」と高評価を口にした。また、逆転負けを喫したことについては、「これを機として、前進を始める。シーズンの最後に我々がそれなり(の位置)にふさわしいのかどうかは、追ってわかるだろう」と話した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA