2014.10.26

レアルのS・ラモス、クラシコでの勝利に「チームによる大きな成果」

スアレス(右)とマッチアップしたS・ラモス(左) [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードは、25日に行われたリーガ・エスパニョーラ第9節でバルセロナと対戦し3-1の逆転勝利で“クラシコ”を制した。試合後にレアル・マドリード所属のスペイン代表DFセルヒオ・ラモスがコメントしている。クラブ公式HPが伝えた。

 試合は、前半4分にブラジル代表FWネイマールのゴールでバルセロナに先制を許すも、35分にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがPKを決めて同点で前半を折り返す。後半に入ると、50分にポルトガル代表DFペペが逆転ゴールを挙げて、61分にはフランス代表FWカリム・ベンゼマが右足で決めて追加点。レアル・マドリードが3-1でバルセロナを下している。

 S・ラモスは大一番を制し「勝ち点3に過ぎないが、バルセロナとの対戦は違う。この勝利で大きく前進した。レアル・マドリードがポゼッションをコントロールしていたし、ゲームの流れを読んでいた。フェアな結果だ」とコメント。「いつもなら、バルセロナのようなチームにはカウンターアタックを使うが、今日はポゼッションでき、ボールもキープできていた。彼らが一番苦しんだところだと思う。チームによる大きな成果だ。このような形で勝ち点差を縮めることができ満足しているよ」と試合を振り返った。

 さらに同試合で活躍したスペイン代表GKイケル・カシージャスについては「カシージャスのセーブに驚くことはないよ」と普段通りの実力をみせたとコメント。同代表MFイスコについては「彼のような選手が祝福されるべきだ。プレー時間が少なくなっている中、ピッチに出れば全力を尽くしている。イスコは特別な選手で、彼の素晴らしさやマジックのようなプレーは、僕らにとって大きなものだ」と称賛のコメントを送っている。

 S・ラモスは最後にファンに対して「僕らは彼らの応援とクラブに対する愛情に感謝したい。この勝利をサポーターたちに見せることができてとても嬉しいよ」と感謝の気持ちを語った。

 レアル・マドリードは次節、11月1日にグラナダと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
42pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
52pt
インテル
43pt
欧州順位をもっと見る