2014.10.20

スアレス、欧州で初めて買ったスパイクはロナウジーニョモデル

スアレス
25日のクラシコでの出場が期待されるバルサFWスアレス [写真]=Getty Images

 バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスが地元テレビ局『エスポルト3』の『ハットトリック、バルサ』という番組に出演し、これまでのことを振り返った。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が伝えている。

 スアレスは11年前に初めてバルセロナを訪れたことについて話した。きっかけは当時恋人だったスアレスの今の奥さんの両親が、バルセロナに移住したことだった。彼女を訪ねて、初めてルイス・スアレスはバルセロナを訪れた。

 スアレスは当時を振り返り「16歳のバカンスの時に彼女を訪ね、バルセロナに行った。カンプ・ノウに行き、ショップにも行ったんだ。僕はそこで写真だけを撮った。何かを買うお金はなかったから」とバルセロナへの初訪問を語った。

 さらに同選手は「次の機会にカンプ・ノウに訪れた時には、お金があったからサッカーシューズを買ったんだ。ロナウジーニョのモデルのスパイクだった」と明かしている。

 2006年に母国ウルグアイのナシオナルから、オランダのフローニンゲンに移籍したスアレスは、翌年の2007年にはオランダの強豪アヤックスに加入。158試合に出場し111ゴールを挙げる活躍をみせて、2011年1月にリヴァプールへ移籍した。昨シーズンはプレミアリーグで6試合の出場停止処分を受けるも、31ゴールを挙げて得点王に輝いており、チームの優勝争いに貢献した。

 そして今夏にリヴァプールから移籍金8100万ユーロ(約111億円)でバルセロナへの移籍を果たした。ブラジル・ワールドカップでの噛みつき行為で公式戦の出場停止処分を受けているスアレスは、25日に行われるリーガ・エスパニョーラ第9節、レアル・マドリードとの対戦“クラシコ”で復帰の可能性が高い。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る