2014.10.17

公式戦連勝が3試合で止まったアトレティコ、エスパニョールを迎える

ラウール・ガルシア
バレンシア戦に出場したA・マドリードのラウール・ガルシア(左)[写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードは前節、バレンシアとのアウェーでの上位対決で黒星(1-3)を喫し、通算4勝2分1敗として3位から5位に転落した。それまでの公式戦で3試合連続完封勝利を達成していたチームは再び複数失点を喫し、守備面でまだ復活途上にあることが浮き彫りとなった。

 また、セットプレー以外の得点が少ない攻撃面も改善の余地がある。攻守のバランスを取り戻すためには、最大の武器である球際の厳しさが鍵となる。

 一方、前節はホームでレアル・ソシエダを完封(2-0)したエスパニョールは、ここまで2勝3分2敗の8位と好位置につけている。チームは3試合連続でクリーンシートを達成するなど、ディフェンスが再び綻びを見せたアトレティコ・マドリードとは対照的な流れとなっている。とはいえ、ここまでの2敗はセビージャ戦にバレンシア戦と強豪相手には結果が残せておらず、今節は好調が本物か否か真価が問われる一戦となる。

 臨戦過程に差はあるものの、この試合では両チームともほぼベストメンバーが組めると見込まれている。アトレティコ・マドリードにとっては流れの中でどれだけ決定機を作れるか、エスパニョールにとっては相手のセットプレーをいかに抑えるか、それぞれ課題となる一戦になりそうだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る