2014.10.16

ピケが深夜に警察と口論…「有名人だから妬んでいる」などと発言か

ピケ
警察と口論したバルセロナDFピケ [写真]=VI-Images via Getty Images

 バルセロナに所属するスペイン代表DFジェラール・ピケが地元警察と口論となった結果、罰金を科されたと、スペイン紙『ラ・バングアルディア』が伝えた。

 12日深夜2時30分、弟のマルクとバルセロナのオリンピック湾にあるディスコから出てきたピケは、弟が運転する乗用車で出発しようとした時に地元警察に呼び止められた。ピケの弟が車をバス線路で15分間停車したために、弟が交通違反として罰金の対象となった。しかし、弟が違反の取り締まりを受けた時、処分を不満に思ったピケは車から降りて、2人の地元警察と口論。これがきっかけとなり罰金のし処分を受けることとなった。

 ピケはこの時、警察に向かって「俺が有名人だから、妬んでいるんだ」、「俺に罰金を課すのは、君たちにお金がなく、手数料が手にできるからだ」と口にし「この違反はなかったことになる。なぜなら俺が君たちのボスに電話して、取り消してもらうからだ」、「恥知らずが、君たちの仕事には吐き気がする。警察は恥だ」などと発言したとされている。

 ピケの言葉は警察の情報に記録として残されており、またその近くにはタクシーが停まっており、多くの人がその場面を撃していた。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』では、この時にその場にいた人間が撮影したピケが警察と口論する姿の写真と共に伝えている。

 また、警察の報告によると、弟が罰金を支払う際に、ピケがそれを横取りし警察の足元に向かって投げつけたという。ピケはその後、数人の友人とカジノに向かったが、同選手の態度に対して警察へのリスペクトがなく、反抗的だったとして罰金をかされて、さらに出廷もする見込みだと伝えられている。

 ピケはこの事について自身のツイッターで「僕の言ったことはとても誇張されている。しかし、何にせよ、謝罪する。間違っていたし、もうこういうことは起こらないようにしたい」と謝罪のコメントを掲載している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ドルトムント
10pt
アウクスブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
10pt
バレンシア
9pt
欧州順位をもっと見る
インテル
13pt
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
欧州順位をもっと見る