2014.10.15

アトレティコ加入のグリエスマン、アーセナルとPSGからもオファー

グリエスマン
アトレティコ加入の経緯を明かしたグリエスマン [写真]=Getty Images

 フランス代表FWアントワーヌ・グリエスマンが、今夏の移籍市場でアトレティコ・マドリード入りを決断した理由について明かした。フランス『フランス・フットボール』が報じている。

 昨シーズンまで所属していたレアル・ソシエダで印象的な活躍を披露したグリエスマンは、今夏の移籍市場において多くのビッグクラブからオファーを受けた中、昨シーズンのリーガ・エスパニョーラ王者であるアトレティコ・マドリードへの移籍を決断した。

 グリエスマンは、新天地としてアトレティコ・マドリードを選んだ理由について以下のように説明している。

「なぜ、国外に移籍せず、スペインに残ったかって?(リーガ・エスパニョーラは)僕のチャンピオンシップであり、ホームなんだ。僕はここで幸せを感じているし、アトレティコは素晴らしいクラブだ。それに彼らは、僕を獲得するために3000万ユーロ(約40億6000万円)を支払う姿勢を見せてくれた」

 また、グリエスマンはアトレティコ・マドリードと同様にアーセナルとパリSGからオファーがあったことも認めている。

「アーセナルとパリSGからオファーが来たときに気持ちが揺らいだかって?いや、アトレティコはスペイン王者だからね。それに、ディエゴ・シメオネのような指導者の下で自分自身を成長させたいと考えていたんだ」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
72pt
マンチェスター・U
56pt
リヴァプール
54pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
59pt
ドルトムント
40pt
フランクフルト
39pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
62pt
アトレティコ・マドリード
55pt
レアル・マドリード
48pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
66pt
ユヴェントス
65pt
ローマ
50pt
欧州順位をもっと見る