2014.09.29

レアルのカルバハル「ソシエダ戦のような思いはしたくなかった」

カルバハル
前節のエルチェ戦に出場したレアルのDFカルバハル(右)[写真]=Real Madrid via Getty Images

 注目の強豪対決が数多く行われたリーガ・エスパニョーラ第6節、そのうちの1つとなった一戦で、レアル・マドリードはビジャレアルに2-0で勝利した。

 レアル・マドリードはこの試合、ホームのビジャレアルに何度も決定機を作られながらも、32分にクロアチア代表MFルカ・モドリッチのミドルシュートで先制すると、続く40分にもカウンターからFWクリスティアーノ・ロナウドが追加点を奪取。アウェーでレアル・ソシエダに2点をリードしながら2-4で敗れた第2節と似たような展開となったレアル・マドリードだったが、後半を無失点で乗り切って白星を手にした。

 この結果、公式戦4連勝を達成したレアル・マドリード。スペイン代表DFダニエル・カルバハルは、試合後のインタビューで、レアル・ソシエダ戦と同じ轍を踏まなかったことに胸をなで下ろした。

「前半はより積極的にゴールを狙った。オープンな展開になり、彼らにも僕らにもチャンスがあったが、幸運にも2点のリードを奪ってハーフタイムを迎えることができた。そして、後半はレアル・ソシエダ戦の教訓が活かされた。2-0でリードしながら逆転負けを喫したあの試合のような思いはしたくなかったからね。全体的に引き過ぎず、3ラインをコンパクトに保ちながら、相手の攻撃にしっかりと耐えることができた」

 カルバハルは一方、第2節のレアル・ソシエダ戦および第3節のアトレティコ・マドリード戦の連敗から、チームが立ち直ったことを明言した。

「ああいった敗戦は翌日には消化できていた。次の試合の準備へと頭を切り換えていたからね。今は新しい選手も含めて全員がプレーしやすく感じており、チームは日増しに良くなっている。この流れを続けていかなければね」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
バイエルン
3pt
シャルケ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る