FOLLOW US

バルサDFマテューに八つ当たりするサポーター「200ユーロ負けた」

バルセロナ所属のフランス代表DFジェレミー・マテュー [写真]=Getty Images

 バルセロナのフランス代表DFジェレミー・マテューがトレーニング後に愛車のフェラーリで帰宅しようとしたところ、出口で待ち構えていたある男性サポーターがその車の窓ガラスを叩いた。マテューは車を止めて、降りてその窓ガラスを叩く男に「何をするんだ?」と聞いた。

 するとその男は怒った調子で「200ユーロを負けたんだ」と話し、「なんであんな試合をしたんだ?」とマラガ戦に引き分けたことについて、マテューに説明を求めた。その直後、男とマテューの車の間に警備員が入り、マテューはすぐさまその場を立ち去った。その様子は携帯電話の動画に収められており、スペインの各メディアが伝えた。

 リーガ・エスパニョーラ第5節にバルセロナはアウェーでマラガと0-0の引き分け。今シーズン初めての引き分けだった。そのゲームでこの男性はどうやらバルセロナの勝利に賭けていたようだ。そして試合は引き分けに終わり、どうやら200ユーロ(約2万8,000円)をすってしまったらしい。

 マテューはその男性に車の窓ガラスを叩かれ、マラガ戦のドローを抗議された。しかし、当然ながらバルセロナの選手たちにこの男が200ユーロを賭けで失ったことへの責任はない。マテューにも当然ながらない。ましてやこのフランス人ディフェンダーはマラガ戦には出場していなかったのだ。とんだと八つ当たりを受ける羽目になってしまった。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO