FOLLOW US

254試合265得点…C・ロナウド、レアル最多得点記録まで残り58

リーガとCL計5試合で10得点を挙げているC・ロナウド [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第4節のデポルティーボ戦でハットトリックを決め、第5節のエルチェ戦では4得点を挙げるなど、得点を量産するレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。同選手は今シーズン、リーガ・エスパニョーラ4試合で9得点、チャンピオンズリーグ1試合で1得点を記録し、計5試合で10得点を決めている。

 そしてクリスティアーノ・ロナウドは、レアル・マドリードの選手として、公式戦254試合で265得点を記録。1試合平均の得点数は1.04で、同クラブで200試合以上プレーした選手の中で得点率が最も高い選手となる。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 1950年代を代表する名手の1人で、元ハンガリー代表FWのフェレンツ・プスカシュ氏は、レアル・マドリードで262試合出場242得点を記録し、1試合平均0.92得点という数字を叩き出していた。

 クリスティアーノ・ロナウドは現時点でレアル・マドリードの歴史に残る選手の1人となったが、同クラブで最多得点者になりたいという願望を持っている。

 レアル・マドリードの歴史の中で最も多くの得点を決めているのは、クリスティアーノ・ロナウドの前に背番号「7」を付けていた元スペイン代表FWラウール・ゴンサレス氏だ。ラウール氏は741試合で323得点を記録。クリスティアーノ・ロナウドは、あと58得点を決めれば、同氏に並ぶことになる。今の得点のペースであれば、クリスティアーノ・ロナウドはあと55試合でレアル・マドリードの歴代最多得点者となるだろう。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA