2014.09.12

ピケがカタルーニャ独立デモ参加…次節バルサも州旗シャツを着用か

ピケ
昨シーズン、カタルーニャ州旗デザインのシャツを着るピケ [写真]=Getty Images

 9月11日はカタルーニャの日でバルセロナは祝日だった。1714年に9月11日はスペイン継承戦争のバルセロナ包囲戦が終わった日で、カタルーニャがスペインに陥落した日だった。ゆえにこの日が現在は休日となっている。この日、バルセロナでは約180万人の人が独立のデモに参加したと地元メディアは伝えていた。

 このデモにはバルセロナに所属するDFジェラール・ピケも沿道に出て参加した。息子のミランくんといっしょに沿道で記念写真を撮影している。ミランくんは昨シーズンのセカンドユニフォームであった独立のシンボルであるカタルーニャ州旗をイメージした黄色と赤の縦縞のユニフォームを着ていた。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 バルセロナはカタルーニャの日を記念して、13日にカンプ・ノウで行われるリーガ・エスパニョーラ第3節のアスレティック・ビルバオ戦で普段のファーストユニフォームではなく、カタルーニャ州旗をモチーフにした昨シーズンのセカンドユニフォームでプレーする意向を示している。同リーグはそのことを許可し、対戦相手のアスレティック・ビルバオも同意。あとは主審のフェルナンデス・ボルバラン氏が認めれば、このバルセロナのセカンドユニフォーム史上最も売れたカタルーニャ州旗と全く同じデザインのユニフォームでプレーすることになる。

 カンプ・ノウではスペインに陥落した年の1714年にかけて、前半17分14秒になると「独立」とスタンドが叫ぶことが定番となっているが、そのコールまでもがゲームにも反映されるようだ。欧州では9月25日に発売される『FIFA 15』ではカンプ・ノウでのゲームではスタンドから「独立」コールが起こるところまで再現されていることも同紙が報じている。カタルーニャ州独立運動の機運の高まりはフットボールクラブのバルセロナにも様々な影響を及ぼしている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る