2014.09.07

C・ロナウドがペレス会長へ信頼を示す「僕の発言は誤解された」

C・ロナウド
ペレス会長への信頼を口にしたC・ロナウド [写真]=Getty Images

 レアル・マドリード所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、自身のフェイスブックで同クラブのフロレンティーノ・ペレス会長との仲についてコメントした。

 レアル・マドリードは今夏の移籍市場で、ドイツ代表MFトニ・クロースやコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスなどを獲得。その一方で、元スペイン代表MFシャビ・アロンソやアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアを他クラブへ放出した。これを受け、クリスティアーノ・ロナウドは「僕なら、同じことはしない」と、クラブに対して不満を示すような発言を残していた。

 その後、ペレス会長は「私はクリスティアーノのことを十分に理解している。彼の発言は全て聞いた。だが、クラブの方針に疑いを持っているわけではない。彼とは信頼関係を築くことができている。意見の相違はない」とコメント。クリスティアーノ・ロナウドとの間に問題がないことを強調した。

 一連の騒動に対し、同選手はフェイスブック上で「僕の発言は誤解された」と主張。また、「昨日、会長の話を聞いたよ。僕は100パーセント、会長とともにある。新たにチームに加わったのは一流選手だ」と述べ、ペレス会長を信頼していることを明かした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る