FOLLOW US

デル・ボスケ監督、代表引退のシャビらに言及「精神を引き継ぐ」

スペイン代表を率いるデル・ボスケ監督 [写真]=Getty Images

 4日にパリでフランス代表と親善試合を行うスペイン代表は、試合前日に記者会見に応じた。会見に出席したビセンテ・デル・ボスケ監督の言葉をスペイン紙『マルカ』が伝えている。

「新たな時代を私たちは始める。前時代は難したかったが、成功や勝利を管理していた。今は負けること、もしくは期待していたものを達成できなかったことをコントロールしていかなければならない。今は私たちはそういうところにいる。私たちがこれまでに手にした同じ成功を手にできるのか、見ていこうではないか」

 ブラジル・ワールドカップ後にシャビ・エルナンデスとシャビ・アロンソというこれまで長きに渡りスペイン代表を支えてきた選手が代表を引退した。彼らはスペイン代表に多くのタイトルをもたらしただけではなく、今のスペインのプレースタイルを確立した選手たちでもある。

「彼ら2人の選手は私たちにとって模範だった。彼らのスピリットをこれから何年も私たちは引き継いでいかなければならないし、私たちはこのスピリットが未来へ受け継がれることを支えていかなければいけない」

 デル・ボスケ監督は代表が新時代に突入しても、今まで成功をおさめてきたスタイルを変えるつもりはないようで、対戦相手となるフランスについてはこう話している。

「フランスはいいワールドカップを過ごした。準々決勝で敗れたが、ドイツが優れていたわけではなかった。私たちはグループリーグで敗退している。フランスは強い。何年も同じ選手たちをベースに強化を進めており、いい結果も残している。彼らはワールドカップ予選ではプレーオフを勝ち抜いて、本大会に出場した。そのプレーオフの時にできたとてもいいチームを継続させている」

 新生スペイン代表は4日にフランスと親善試合を行い、8日にバレンシアの本拠地メスタージャでマケドニア代表相手にユーロ2016予選第1戦を戦う。

「この2試合は重要だが、バレンシアでの試合がより重要だ。フランスのような偉大なチームと対戦することで、公式戦を控える自分たちの力を計ることができる。だから大切なゲームだ。いい感触をフランス戦で手にしたい。うまく選手たちを組み合わせて180分プレーする選手がいないようにしたい」

 また負傷で召集メンバーから外れたが、8月31日に行われたリーガ・エスパニョーラ第2節ビジャレアル戦に出場したバルセロナのピケについてはこう語っている。

「矛盾は何もない。私が言ったのはピケ自身が話したとおりだ。彼は私にいい状態ではないと言った。ただそれはプレーできないということではない。ピケのフィジカルコンディションを最も分かっているのはルイス・エンリケで、彼がプレーさせたってことはピケのコンディションがよかったってことだろう」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA